「ほっ」と。キャンペーン

WE ARE ALL ONE     須藤元気のボランティア記録

WE ARE ALL ONE 須藤元気のボランティア記録

須藤 元気 / 講談社



内容説明
須藤元気が被災地ボランティアで見て、聴いて、感じたすべてを一冊に。
すべての人に贈る、絶望から抜け出すための本格エッセイ。

そう、今でもあの日の感覚は覚えている。
女川にはノイズが無いのだ。人間が作ったものがあるのに、音がまったく無い静寂の世界。

電気も水道も通っていない瓦礫の中で僕は立ちすくみ、
時々鳴る救急車のサイレンが僕に
何かを忠告しているかのようだった。
スタートの合図が聞こえた。
今こそ文明の転換点。物質文明は終わり、
精神世界が始まろうとしている。



正直、ボランティア体験までも本にするのかと驚いたが、

初版分の著者印税は日本赤十字社を通じて被災地復興支援に寄付される

ということで購入する。

エピローグで著者が記す

【人間に残された最後の自由とは自分の気分を選択する自由だ。】

が全てを物語っており、

これからもTeam WE ARE ALL ONEは活動を継続するだろう。

自分も出来ることから1つずつ関わっていきたい。


Team WE ARE ALL ONE:東北復興支援をきっかけにより結成した須藤元気率いるボランティアチーム
http://www.genki-tohoku.net/
[PR]
by nobtheskywalker | 2011-08-29 23:59 | 映画・DVD・BOOK・art
<< 東京難民 お辞儀草 >>