「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

小さい秋

e0083153_0542786.jpg


「裏を見せ 表を見せて 散るもみじ」

           良寛 辞世の句
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-31 23:59 | 写真日和 & 旅ログ

新聞記事【障害者雇用】

毎日新聞 社説より

社説:障害者雇用 がんばっている大企業
 相変わらず雇用情勢は厳しい。世界同時不況から景気は回復してきたが失業率は高止まりしたままだ。ところが、障害者雇用に関してはこの数年間ずっと上昇傾向が続いている。特に大企業の健闘が目立つ。非正規雇用を増やし正社員の賃金も低く抑えるなど、このところ企業の評判はあまりかんばしくないが、ここは評価してもいいだろう。

 厚生労働省が発表した2010年6月時点の状況によると、民間企業に雇用されている障害者は約34万人で前年より3.1%増加し過去最高となった。従業員56人以上の企業に適用される法定雇用率(1.8%)を達成している企業はまだ47%と低いが、従業員1000人以上の企業を見ると、6年前に雇用率を達成している企業が30%未満だったのが今年は55%を超えた。

 障害者に特別に配慮した子会社を設立して親会社の雇用率にカウントできる「特例子会社」制度を利用する企業が増えているのも大きな理由だ。最近は都会のオフィス内に特例子会社を設け、これまでオフィス労働とはほとんど縁のなかった知的障害者を雇用する例が目立つ。印刷物の作製や事務補助、パソコンの設定、郵便物の仕分けなど障害特性に合った仕事を企業側が用意し、職場内で障害者が孤立しないようグループで働ける環境を整えている。

 障害者にとっては、福祉施設では月に1万~2万円の工賃しか得られなかったのが、最低賃金を超える収入を得て経済的自立が可能になる。企業の中で働くことで刺激を受け、生きがいや精神的成長が促される。補助金を得る立場から税金を納める立場になることで社会全体のコスト軽減にもつながる--などメリットは大きい。

 一方、企業側からは「社内が活気づいた」「明るくなった」との声をよく聞く。激しい競争の中で合理化と効率化を過度に求められ社員のメンタルヘルスやモチベーションに深刻な影響をもたらしている職場は多い。そこに新規採用された「働くことに素朴な喜びを全身で表す障害者」(ある大企業の役員)が目に見えない効用をもたらしているというのだ。大企業を対象にしたアンケートでは、一人でも知的障害者を雇用した実績のある企業ほど「もっと大勢雇用したい」という意欲が強いとの結果もある。

 世界各国の障害者雇用を見渡しても、都心のオフィスでたくさんの知的障害者が働いている光景が見られるのは最近の日本くらいではないか。多数の障害者を雇用してきた企業が不況下でも業績を伸ばしたという例がいくつもある。チャンスは思わぬところにある。
引用:毎日.jp
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20101030k0000m070121000c.html


赤字のところに疑問を持って取材してほしい。

もう少し全体的な視点での考察が欲しいところである・・・
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-30 23:59 | 仕事のこと

三つ子の魂百まで  【スーパーマリオコレクション スペシャルパック編】

スーパーマリオコレクション スペシャルパック

任天堂



微妙な画質に戸惑いながらも・・・

USAマリオに米国人のハマリどころに戸惑いながらも・・・

ついつい裏ワザ探しながらプレイしてしまう。。。



それにしても、約四半世紀前に覚えた隠しアイテムの場所を

よく覚えているものだと我ながら感心する。



価格的に文句は言えないが・・・

もうヒトコエ25年を祝うサプライズがあってもいいような(*△*;)
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-29 23:59 | モノコト&ヒトコト&タベコト

インスタント沼 

インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]

ポニーキャニオン





インスタント沼???という感じで再生したが

あれよあれよという間に三木聡ワールドに突入。


いつも思うのだが三木氏は隅々まで手を抜かない。

セットはどこまでが仕込みか分からなくなるし、

脇を固める俳優陣も惚れ惚れとした演技を繰り広げる。

自分も隅々までオモシロイと思えるシゴトをしたいものだ。。。

そしてモチベーションが下がったときには、

とにかく『水道をひねれ!』を実践しようと思う(*▽*)ノシ


【ストーリー】        ※ネタバレ 
担当していた雑誌が休刊になり出版社をやめることになった編集者の沈丁花ハナメ(麻生久美子)。好きな男にも振られ、ドロ沼のようなジリ貧人生をやり直そうと身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見。そこにはハナメの実の父親が「沈丁花ノブロウ」という全く知らない男だと書かれていた。あわてて母親(松坂慶子)に聞いてみるが、母親は河童を探しに行ったとかで池に落ち病院に運び込まれてしまう。母親を見舞った後、事実を確かめようと、手紙を頼りに「沈丁花ノブロウ」を訪ねる。しかし、そこにいたのは“電球”(風間杜夫)と名乗るうさん臭い骨董屋「電球商会」の店主だった。怪しげな彼を自分の父親とは認めないハナメ。だが、そこで出会ったパンクロッカーのガス(加瀬亮)に「2人とも顔がそっくり」と言われてしまう。電球との距離が徐々に縮まっていくうちに、ハナメはいつしか骨董の魅力にはまっていき、やがて本当の父親かもしれないという気持ちが芽生え始める。電球から「骨董屋が向いている」と言われ嬉しくなったハナメは、貯金をはたいて部屋を改造し骨董屋を始めることにする。最初はなかなかお客が来なかったものの、電球からの「人生うまくいかない時は水道の蛇口をひねれ」という奇妙なアドバイスのおかげで、なんとかお店も順調にいきはじめる。時々遊びに来るガスとも仲良くなった頃、電球が店を閉めて旅に出ると言い出した。旅の資金のために怪しげな古い蔵の鍵を100万円で買ってくれと頼まれ、ハナメはうっかりそれを買ってしまう。その蔵の中にはスゴイ宝物が入っていると豪語する電球。喜んだハナメだったが、思いもよらない電球のウソが発覚。ついに腹を立て、鍵を投げつけその場を飛び出してしまう。1人で自分の店に戻ったハナメだったが、自分を本当に理解してくれたのは電球だけだったと気付く。意地を張って彼を父親と呼ばずにいたことを後悔し、急いで電球のもとを訪れた。だが、すでに彼は旅立った後だった。ハナメは電球から受け継いだ蔵の中身を確かめるべく、ガスと一緒に蔵のある村へ向かう。蔵の中は一体何なのか? そしてハナメが最後に目にしたスゴイものとは?(引用:http://movie.walkerplus.com/mv38066/)

[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-28 23:59 | 映画・DVD・BOOK・art

ラットマン

ラットマン

道尾 秀介 / 光文社





心理学の講義で見たことのある『ラットマン』。

そこから発想したのか

必然的に結びついたのかは

分からないが

エピローグまで

不安と閃きを体感させる1冊。


―あたし、知ってるんです―
―ぜんぶ、知ってるんです―
―姫川さんが、やったんですよね―
―あたしのためだったんですか―


言葉で『ラットマン』を一部分表現すると

こんな感じになるんだな・・・と。

プロムナードで道尾秀介氏が書いていた

小説でしか表現できないことを

体感させていただく☆☆☆


※自分の携わっているものでしか出来ない表現について

 少ない引き出しを探索中。。。
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-27 23:59 | 映画・DVD・BOOK・art

見えない自由が欲しくて 見えない銃を撃ちまくる

【最近のオシゴト】

平成生まれの対象者と接することが多くなったキョウコノゴロ。。。

面接に向かう車の中で緊張中の彼に

リラックスしてもらおうと歌ってみないかと持ちかける。
(カラオケ好きなので)

最初は緊張交じりの顔でこんな時に歌なんて(;*з*)といった

視線で運転するワタクシを見ていたが

肝試しにでもともう一度誘ってみると・・・


歌い出したのは




色褪せない昭和の歌で

2人ともテンションウナギノボリで面接に挑む!!


結果は来週!乞うご期待!!!


【今日の感想】

あ~やっぱりイイもんは繋がっていくんだな~~
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-26 23:59 | 仕事のこと

はじまりの日

毎日が きみの はじまりの日

  きょうも あしたも

あたらしい きみの はじまりの日


はじまりの日

ボブ・ディラン / 岩崎書店



どちらかというとオトナが読む絵本といったところだろうか。

もちろんコドモと1頁ずつ話をしながら

横道に逸れながら読むことも

またオモシロイ☆

【共感ポイント】

流されることなく

流れを つくりますように


最初はマネからでもイイ。

そのうち自分流が出来ていたらと思う。



[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-25 23:59 | 映画・DVD・BOOK・art

シゴトの道楽化について。

『仕事が楽しみならば人生は極楽だ。

苦しみならばそれは地獄だ』

           ゴーリキー 



シゴトを道楽にするアイディアはある。

あとは実践して結果出すだけ。

アイディアを腐るくらい大事にすることだけは

止めたいと思うキョウコノゴロ。。。
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-24 23:59 | 仕事のこと

ゴーゴー!ミッフィー展  【後記】

e0083153_22553589.jpg


ゴーゴー ミッフィー展で吟味に吟味を重ねて選んだ1冊。

うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん (4才からのうさこちゃんの絵本セット1) (ブルーナの絵本)

ディック ブルーナ / 福音館書店



miffyの大好きなおばあちゃんが亡くなってしまうといった内容なのだが

こういったものも選択肢の中に入ったきたことで

ムスメの成長を感じる。


うさこちゃんと たれみみくん (3才からのうさこちゃんの絵本セット2) (ブルーナの絵本)

ディック・ブルーナ / 福音館書店



ワタクシの選んだ1冊。

ある種の差別的な内容を含んだ1冊ではあるが、

これから避けては通れない内容であるとも思い

考え方の一助となればと思い本棚に忍ばせている。


MOE (モエ) 2010年 05月号 [雑誌]

白泉社



行った後に何だが・・・

ミッフィー展でも観たのだが、

手描きのバースデーカードが載っていたので

眺めていると・・・

安西水丸やさくらももこ、荒井良二など

それぞれのキャラが出ていてオモシロイ。

しかし、うめかよのバースデーカードがなくて残念。
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-23 23:59 | 愛娘+jr

半径1メートル内の物語

14ひきのおつきみ

いわむら かずお / 童心社



ムスメが読んでいた絵本を読んでみる。

ネズミの家族が木に登ってお月見をするだけの話だが

夕景だったり月空だったりの絵に感心する。



遠くに行けばオモシロイことがあるわけではない、

考え方しだいで近くにもオモシロイ物語は

たくさん埋もれていることを気付かせる1冊☆☆☆
[PR]
by nobtheskywalker | 2010-10-22 23:59 | 映画・DVD・BOOK・art