「ほっ」と。キャンペーン

カメクラ展 2013師走

e0083153_12145879.jpg
カメクラ展 ~末永、部活辞めるってよ~

会場:宮ノ上genkee Japanese-style room 

本日、最終日!

今回のワタクシのサブテーマ ~よく見ると、趣き深い人々~
 
今年もよく笑い、よく撮った☆
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-12-14 12:14 | 写真日和 & 旅ログ

ハピバ3

e0083153_2349513.jpg
おかげさまで

ムスコ3歳に。

将来の夢は 今のところ ヌシカンさん。

近所の八幡宮に弟子入りを試みてます・・・

[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-11-12 23:49 | 愛娘+jr

X算はじめました

e0083153_22242992.jpg

五の段マスターしました。

次は、二の段(@_@)

興味のあるところから頑張ればイイと思います!

写真は、自主練中のムスメ(^-^)v
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-10-31 22:24

芝浜

落語『芝浜』
天秤棒一本で行商をしている、魚屋の勝(演者によって主人公の名には違いあり)は、腕はいいものの酒好きで、仕事でも飲みすぎて失敗が続き、さっぱりうだつが上がらない、裏長屋の貧乏暮らし。その日も女房に朝早く叩き起こされ、嫌々ながら芝の魚市場に仕入れに向かう。しかし時間が早過ぎたため市場はまだ開いていない。誰も居ない、美しい芝浜の浜辺で顔を洗って煙管を吹かしていると、足元の海中に財布を見つける。拾って開けると中には目を剥く大金(桂三木助の演出では、現在の価値換算で800万円程度)。有頂天になって自宅に飛んで帰り、飲み仲間を集めて大酒を呑む。

翌日、二日酔いで起き出した勝に女房、こんなに呑んで支払いをどうする気かとおかんむり。勝は拾った財布の金のことを訴えるが、女房は、そんなものは知らない、お前さんが金欲しさのあまり夢に見たんだろと言う。焦った勝は家中を引っ繰り返して財布を探すが、どこにも無い。彼は愕然として、ついに財布の件を夢と諦める。つくづく身の上を考えなおした勝は一念発起、断酒して死にもの狂いに働きはじめる。

懸命に働いた末、三年後には何人かの人も使ういっぱしの店を構えることが出来、生活も安定し、身代も増えた。その年の大晦日の晩のことである。勝は妻に対して献身をねぎらい、頭を下げる。ここで、女房は勝に例の財布を見せ、告白をはじめる。あの日、勝から拾った大金を見せられた妻は困惑した。十両盗めば首が飛ぶといわれた当時、横領が露見すれば死刑だ。長屋の大家と相談した結果、大家は財布を拾得物として役所に届け、妻は勝の泥酔に乗じて「財布なぞ最初から拾ってない」と言いくるめる事にした。時が経っても落とし主が現れなかったため、役所から拾い主の勝に財布の金が下げ渡されたのであった。

事実を知った勝はしかし、妻を責めることはなく、道を踏外しそうになった自分を助け、真人間へと立直らせてくれた妻の機転に強く感謝する。妻は懸命に頑張ってきた夫の労をねぎらい、久し振りに酒でも、と勧める。はじめは拒んだ勝だったが、やがておずおずと杯を手にする。「うん、そうだな、じゃあ、呑むとするか」といったんは杯を口元に運ぶが、ふいに杯を置く。「よそう。また夢になるといけねえ」


e0083153_22415888.jpg

ポジティブな感じで寝入ったのに

最悪な想定の夢で・・・

まだまだ思考が

マイナスオーラ醸し出しているのだろう(´Д`)


いかんいかん、


これもまた夢になってはzzz



先代の円楽オススメ 見当たらなかったので談志師匠のヨウツベ


[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-09-08 22:41

ねずみ 左甚五郎

落語 『ねずみ』

奥州仙台の宿場町。ある旅人が、宿引きの子供に誘われて鼠屋という宿に泊まる。そこはとても貧乏で布団も飯もろくになく、腰の立たない主と十二歳の子供の二人だけでやっているという貧しい宿だった。

聞くと、主の宇兵衛は元々、向かいにある虎屋という大きな宿の主人だったが、五年前に妻に先立たれ、迎えた後妻は腰を悪くした宇兵衛とその子に辛く当たり、番頭とつるんで虎屋を乗っ取ってしまったという。追い出された宇兵衛は物置小屋を仕立ててなんとか宿をこしらえ、その物置に棲んでいたネズミにちなんで現在の鼠屋を構えたのだった。

これを聞いた旅人は、自らがかの名匠左甚五郎だと明かす。彼は木片でねずみを彫り上げ、繁盛を願ってそれを店先に置いてやり、帰っていった。するとなんと、その木彫りねずみがまるで本物のねずみのように自分で動き回りはじめた。この噂が広まるやいなや、鼠屋に泊まればご利益があるとして部屋に収まり切らないほどの客が入り、見る見るうちに鼠屋は大きくなっていった。

一方向かいの虎屋は、鼠屋が繁盛するにつれて前の主人を追い出した悪行を吹聴され、客足が途絶えていく。腹を立てた虎屋の主人は鼠屋に対抗して、仙台の巨匠に虎を彫らせることにした。巨匠は取るだけ金を取って実は弟子に彫らせていたが、主人はそれを鼠屋のねずみを見下ろすようにして店先に飾った。すると途端にねずみは動かなくなってしまった。

しばらくして、それを知った左甚五郎が再び鼠屋を訪れる。自分が彫ったねずみは、虎に怯えたように顔を伏せ、じっとして動かなくなっていた。しかし甚五郎には、虎屋の店先の虎はとても出来損ないの彫刻に見えた。顔はひどく弱気そうで、額に虎を示す王の字の模様もない。

「ねずみよ、俺は魂を込めてお前を彫った。なぜ、あんなおかしな顔の虎に怯える?」

すると、ねずみはふと振り返って、

「え、あれ虎だったの? 猫かと思ってた」


e0083153_22352589.jpg


ねずみ男だと  囃し立てても 伝わらない・・・

心と心のコミュニケーションが必要だ☆




「ねずみ」 桂歌丸
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-09-07 22:35 | 愛娘+jr

非凡

e0083153_14242065.jpg



『平凡の凡を重ねよ、いつかは非凡になる。』

                     元東芝社長 岩田弌夫  

[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-09-06 14:20 | 写真日和 & 旅ログ

happybirthday8

e0083153_049258.jpg

おかげさまでムスメ8歳に。

目標と目的を一歩ずつ考えて貰えるよう、

ワタクシ自身も日々考えていきたい。
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-09-05 23:49 | 愛娘+jr

2013.8.31  夏の終わり

宿題終わってない!!





と言う夢で起床。。。


夏休み最終日に宿題を済ませる子供はタイムスケジュールが上手くなる

という話を聴くが・・・

2学期を迎えてもウダウダと提出日を伸ばしてもらう生き方は

この歳になっても変わらないorz



ヤル気の出るタイミングを どのように持続させるかが問題である。

                                  nob



ミツゴノタマシイヒャクマデ
e0083153_15361321.jpg

[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-08-31 15:29 | タイミング論

2013.08.15

思想的なことは置いておき・・・

祖父と  オトコとオトコの話をしたかったと想う8/15

e0083153_0131669.jpg

この社に向けた思いを聴いてみたかった。


e0083153_014172.jpg

今年は早かった桜。

狂気なのか狂喜なのか・・・



少しずつオトナになって、できればアサーティブな感じで

色んな人と話してみたいと思うようになった2013盆。




                                                 撮影2013.3月吉日
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-08-15 15:15 | モノコト&ヒトコト&タベコト

2013初盆

一緒に呑むのが楽しみだった方の初盆参りの翌朝。

本当に肉体も伴ったような夢を見る。
(説明へたくそでスミマセンm( - - )m)

いつものように 日本酒片手に遅れて参戦

遅いじゃないですかと 話すと はにかんで

少し待てと ギターを持って 戻ってくる

しっかりと 肩を組む感じもあるのだが

生前が蘇るシーンではなく

まさに一時戻ってきたという流れ

それが怖いだとか 疑うといったこともなく

自然と酒を酌み交わす。

年齢的にそんな考えになったのかもしれないが

余計に『死』というものが

分からなくなった。。。
[PR]
# by nobtheskywalker | 2013-08-14 01:26 | モノコト&ヒトコト&タベコト